夫(妻)の"これ"が許せない!!夫婦喧嘩の原因とは

離婚の危機?夫婦喧嘩の原因とは

夫婦喧嘩が原因で離婚をする夫婦の話を聞いたことがあると思います。
一緒に生活をする夫婦だからこそ、時には生活習慣や他のことで口論になって喧嘩してしまうこともあると思います。
しかし、夫婦喧嘩が原因で離婚する夫婦がいるなんて、いったいどんな原因があって、そんな究極の選択になってしまったのか?

ここでは、夫婦喧嘩のよくある原因について少し紹介したいと思います。


・夫婦の金銭感覚の違い
「小遣いを上げてほしい」
「夫(妻)の無駄使い」
「夫(妻)に黙って高額な品を購入」

度々、夫婦喧嘩の原因となるのが、夫婦の金銭感覚の違いです。夫が妻に小遣いの増額を頼んで喧嘩になったり、夫(または妻)が無駄なことにお金を使ったことで、夫婦喧嘩になることがあります。
また、夫(妻)に隠れて借金をしていたのが発覚した時にも夫婦喧嘩に発展して、最悪のケースだとそのまま離婚問題に発展することも。


・家族との関係や他の人間関係
「姑と仲が悪く、夫が味方してくれない」
「義兄弟と折り合いが悪い」
「近隣住民とトラブルになった」

夫婦といっても、妻も夫もそれぞれで人間関係を構築しています。その人間関係にトラブルが生じた時など、夫婦喧嘩に発展することがあります。
特に、嫁姑問題は喧嘩の種になりやすく、義両親との人間関係にも注意が必要です。


・仕事や生活習慣の違い
「いつも仕事の飲み会で帰りが遅い」
「夫が子育てに非協力的」
「掃除や洗濯、家事のことで夫婦の意見が違う」

仕事帰りに飲み会へ行って、いつも帰ってくるのが遅い。子育てに非協力的で休みの日は家でゴロゴロ...。夫婦で生活しているうちにこうした相手への不満が溜まって夫婦喧嘩になることもあります。
そして不満が爆発するのは、相手からの思いやりのない言葉がキッカケで夫婦喧嘩に発展することも。


いかがでしたか?ここに挙げた夫婦喧嘩の原因で、見に覚えのある物があったのではないでしょうか。
夫婦だからこそ起こる問題というものがあります。付き合っている時には気にならなかったり、我慢することが出来た相手の事でも、夫婦なって一緒に生活をしていると我慢出来ないこともあります。
それが原因で夫婦喧嘩をして、最悪のケースで離婚する羽目になることも。

夫婦喧嘩は一つキッカケです。そこでどの用にして夫婦喧嘩の原因を解消するのかで、今後の夫婦生活がどうなるのかわかるのではないでしょうか。

【ページの先頭へ】