離婚でシングルマザーになるということ。上手に離婚する方法について解説します。

離婚でシングルマザーになるということ

離婚後、子供の存在は支えに感じることもあれば、負担と感じることもあります。
子供を成人させるためにがんばれる人もいれば、子供を育て上げるのに、仕事に追われる人生だと感じる人もいます。
ただ知っておいてほしいのは、親の離婚という選択により、子供の心にも、経済的にも離婚により負担をかけていることを忘れてはいけません。

離婚をし、シングルマザーになって子育てをするには、大変な苦労が伴います。世帯主として、家族全体の生計を担うのはもちろん、家事、育児全てを1人でこなしていかなければならないからです。
感情的に離婚をしてしまった場合、子供の養育費についての取り決めを行わずに離婚してしまう人や、離婚後、子供に会ってほしくないと考え、あえて養育費を貰わないと決めて離婚する人がいます。
養育費とは、離婚をする夫婦つまり大人のものではなく、子供の成長に必要な費用であり、「子供もの」であることを知っておく必要があります。

もしも、現在離婚を考えている最中で、とにかく離婚がしたい。と考えているのなら、一度冷静になる必要があります。
離婚の際、紙1枚を提出してしまえば離婚は成立しますが、離婚後の生活はなんの段取りもなしに離婚してしまえば、すぐに立ち行かなくなってしまいます。経済的な自立のことや離婚後の居住先、保育所や学校のことなど、考えなくてはいけないことは山積みです。
まずは情報を集め、優先順位をつけて段取りを組んでいくこと。離婚後シングルマザーの道を選ぶのなら、周到な準備が必要です。

 
【ページの先頭へ】