損をする別居をどのように回避するか、

損をする別居にならないために

夫婦が離婚をする前に、別居という選択を取ることがあります。
別居をする理由は、夫婦それぞれで違いがあります。

「離婚まで相手の顔を見たくない」
「一度、冷却期間を作って、やり直しできないか考えたい」
「とにかく、早く夫(妻)から離れたい」
「別居婚にあこがれている」

最近では、週末婚や別居婚といった、夫婦や家族が常に家で一緒に生活するのではなく、週末に家族で集まり過ごす、週末婚や、結婚後に別居してお互いの生活リズムを作る別居婚などを選択する人もいます。

そのためか、離婚をするより、まずは別居からと安易に考えてしまう方も増えているようです。

しかし、この別居ですが、いざやってみると損をすることがあります。

別居したことがで、発生する損には、色々ありますが、その中でも特に注目するのが、お金と異性関係です。

お互いが別の場所で生活をする。というのは、一人暮らしをしていた独身時代のようで、自由な時間が多く取ることができますが、生活費は共有の財産で賄うのか、それともお互いが働いたお金で生活をするのかで、たびたび問題になります。

特に、専業主婦として家庭に入った女性は、別居をしてすぐには、生活の糧を得ることができないケースが多く、生活費を相手に求めることがあります。

そして、別居をすることで、冷却期間を作り、関係を修復したいと思っている人も、計画的な別居をしないと、自分が相手へ愛想を尽かしてしまう、または相手からの愛想を尽かされてしまう可能性もあり、そのまま離婚することもあります。

別居は経済的な負担、そして、その後の離婚や人間関係について様々な問題があります。

これらの問題を解決して、損をしない別居をすることが大事です。

【ページの先頭へ】